Just another WordPress site

熱中症について
未分類 | 11月19日更新

覚えておきたい予防対策

熱中症は、自分で予防のできる病気ですから、しっかりと予防対策の知識を深めて未然に防ぐように心がけなくてはなりません。
まず意識しておきたいのはこまめな水分補給です。
一気に飲んでしまうと尿として排出されてしまう分が多くなってしまうので、意識的にこまめに水分を摂取することが大切です。
汗をかいたら飲むのではなく、かく前に水分補給を心がけます。
屋外・屋内関わらず、夏場は特に水分の事を気にかけて生活するのがよいでしょう。
(さらに…)

未分類 | 11月19日更新

スポーツドリンクと熱中症

熱中症対策として水分補給や塩分補給が大切と言われていますが、どんなものを飲むのがよいのでしょうか。
麦茶や水だけ飲むのは、吸収されにくい為にあまり効果的ではないと言われています。
お茶系を飲むと利尿作用が働いてしまうので、たくさん飲んでも体外に排出されてしまうのであまり意味がありません。
(さらに…)

未分類 | 11月19日更新

赤ちゃんの熱中症は怖い

熱中症は、赤ちゃんからお年寄りまでなる可能性があるものです。
特に赤ちゃんは、大人に比べて熱中症になりやすいと言われています。
しかも、最悪の場合は死に至ることもある怖い病気ですから、軽視してはいけないものです。
赤ちゃんは、自分の不調を言葉で伝える事が出来ませんし、ベビーカーなどに乗っていれば大人よりもコンクリートに近い位置にいる為に、高温な環境にいることが多くなってしまいます。
(さらに…)

未分類 | 11月19日更新

塩分と熱中症

熱中症には、こまめな水分補給が大切ですが、実は水だけを摂取するのはよい対策とは言えません。
熱中症は、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称のことを言います。
通常の場合、人間は皮膚からの放熱や発汗によって体温を下げます。
しかし、熱中症は外気が皮膚温以上の時や湿度が非常に高くなってしまうと、放熱や発汗ができにくくなって、その仕組みが追いつかずに体温調節が破たんし、体内の水分や塩分の不足(脱水)がおこって、体温が上昇してしまうのです。
汗が止まらなくなってしまうような症状も起きる事があるのですが、この場合塩分不足も発生してしまい、痛みを伴う筋肉の痙攣が起きてしまいます。
ですから、塩分の補給が大切になってくるのです。
(さらに…)

未分類 | 11月19日更新

熱中症になってしまったら

熱中症になってしまった場合、軽度であればスポーツドリンクなどの電解質を含んだ飲料水を補給したり、風通しの良い場所で休むことで回復します。
また、中度であれば服を脱いだりボタンを緩めたりして、体の熱を外に逃がしてあげたり、水分補給をすることが大切です。
重度の熱中症などで病院へ運ばれた場合、どんな治療方法が待っているのでしょうか。
(さらに…)

未分類 | 11月19日更新

応急処置の方法

いつどこで起きるかわからない熱中症。
いざという時の為にも、適切な応急処置の方法を知っておきましょう。
熱中症には色々な症状がありますのですが、めまいやふらつきなどの初期症状に気づくことが出来た場合は、日陰や風通しの良いところ、クーラーのよく効いた所で横になるのがよいでしょう。
また、衣服を脱いだりボタンを緩めることで、体にこもった熱を外に逃がしてあげましょう。
(さらに…)

未分類 | 11月19日更新

熱中症の症状

熱中症は、具体的にどのような症状がでるのでしょうか。
熱中症になっているにも関わらず、自分で気づかなかったり、軽視してしまうことで救急車を呼ぶはめになってしまったなんてことも、近年の猛暑続きの日々ではよくあることです。
ですから、取り返しのつかない事になる前に、きちんと熱中症の知識を深めて症状がどんなものか把握しておきましょう。
(さらに…)

未分類 | 11月19日更新

頭痛に注意

熱中症の症状の中でよくあるのが「頭痛」です。
頭が痛くなってしまったら、体からの異変のサインですので、いつもの頭痛だと軽視せずにきちんと対処しましょう。
そもそも、熱中症の際に起きる頭痛の原因は、脱水症状であると言えます。
汗をかいたり運動すると喉が渇きます。
これが脱水症状の最初のサインです。
通常であれば、喉の渇きを感じれば水分補給しますので、体が激しい脱水症状を起こすことがありません。
しかし、喉の渇きを我慢したままでいると、体温が上昇して脳の血管が大きくなってしまい、血液が多く流れて自律神経がコントロール不能になってしまいます。
自律神経の異変によって、頭痛が発症してしまうのです。
(さらに…)

未分類 | 11月19日更新

熱中症対策

効果的な熱中症対策は、どんな方法があるのでしょうか?
重度の熱中症になって取り返しのつかない事態になる前に、自分で対策を練っておきましょう。
(さらに…)

未分類 | 11月19日更新

熱中症とは

近年の猛暑続きによって、熱中症で倒れてしまう人が続出し、ニュースでも度々取り上げられています。
熱中症とは、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称のことを言います。
通常の場合、人間は皮膚からの放熱や発汗によって体温を下げるのですが、外気が皮膚温以上の時、もしくは湿度が非常に高い場合ですと、放熱や発汗ができにくくなって、熱中症を引き起こしてしまうのです。
(さらに…)

top